logo_kochi-hellowork-2.png   sansisizou_02.jpg     

 

                                                                     

 

お知らせ求職者の方へ事業主の方へ各種情報ハローワーク一覧
職務経歴書

 最近、応募の際、履歴書とともに職務経歴書の提出を求められるケースが増えてきました。職務経歴書は、いまや履歴書と並んで応募の際の基本資料といえるまでになっています。求人企業への応募にあたっては、提出書類として「職務経歴書」の記載がなくても、積極的に作成・添付するのも良いでしょう。

 職務経歴書には、これまで経験してきた職務内容や、そこで得た職務経験、実績や職業上のスキルなど、多くの内容を自由に記載することができ、自分が求人事業所にとって重要な戦力になることを、強くアピールすることができます。
 また、求人事業所の人事担当者にとっても、限られた面接の時間内で、何を重点的に聞き出していくべきかのポイントが絞りやすくなりますので、面接に至る可能性が高くなります。

 職務経歴書も、これまでの自分の職業上経験したことや感じたこと、考えたことなどを、じっくり思い出しながら作成しなければならないので、作成にはそれなりの時間がかかりますが、時間をかけただけの効果を上げることができますので、面倒がらず、あらかじめ時間を作って作成しておくようにしましょう。

【職務経歴書作成のメリット】
1. 履歴書では伝えきれない職務経歴やスキル、仕事に対する自分の考え方や取り組み姿勢まで、求人企業に伝えることが可能となり、自分自身をよりよく理解してもらえる糸口になる。
2. 免許や資格といった形になっていない仕事上のノウハウや経験がわかり、求人企業のニーズに合った人かどうかが判断しやすく、求人企業の採用担当者に好まれる。
3. 作成過程で、自らの経歴や保有している資格等、又は職業能力などを確認・整理でき、応募企業や職種の選定、面接等の対策として有効である。
4. 履歴書のみで応募する場合に比べて、応募の意欲や求人企業に対する誠実さなどを印象付けやすい。
5. パソコンなどで作成することにより、ビジネス形式の文書作成や、パソコン操作の一定のスキルがあることをアピールすることができる。

【職務経歴書を書くときの基本事項】
1. 用紙はA4(たて)サイズに、1~2枚程度

あまり長くなると、採用担当者も全てに目を通せなくなりますし、文章をまとめる能力がないと取られかねないため、あまり量的に多くなり過ぎるのは好ましくありません。複数枚数になるときは、各紙に通し番号をつけておくと採用担当者も見やすくなり、好感を持たれます。
2. パソコンで作成・印刷したもの

絶対的条件ではありませんが、一定のパソコンスキルのアピールにもなるので、パソコン作成が望ましいでしょう。
3. 職務経歴書上部に、記名押印又は署名捺印があること

氏名はパソコンで入力しても良いですが、押印は必要です。もしくは、氏名を手書きで署名し、捺印することでも構いません。
4. 職務経歴書上部に作成日の記載があること

職務経歴書の記載内容が、いつの時点のものであるかを表すもので、できるだけ応募日に近いものである必要があります。
5. 以下のような項目が盛り込まれていること

(1) 応募動機

(2) 前職の会社概要(会社名、事業内容、支店数、従業員数、売上高、資本金等、会社のイメージがつかめるように記入する)

(3) 所属期間(勤務年数、部署ごとの所属期間等)

(4) 職務経歴(職務内容)

(5) 取得免許や資格等

(6) 仕事に取り組むにあたり心がけたこと、又は取り組みの姿勢(考え方)

(7) 現在取り組んでいることや、自分の将来ビジョン等

 書式や内容は自由なので、この項目でなければならない、ということはありません。また、必ずしもすべての項目を記載する必要はありませんが、採用担当者に自分の人物像を、よりよく理解してもらうためには、できるだけ多くの項目について記載がある方が望ましいでしょう。もちろん、応募企業に対してアピールしたいことがあれば、これ以外の項目を設けて記述することも、冗長な記述にならないように注意すれば、何ら差し支えありません。

【職務経歴書の作成にあたって】
 職務経歴書などは、応募企業が決まってから慌てて作ったりすると誤字脱字があったり、記載内容の矛盾や表現的に、おかしいところなどがあったりしても、気づかずにそのまま提出してしまったりして、かえって採用担当者などに悪い印象を与えてしまうことがあります。できるだけ事前に、2~3日位かける気持ちで、じっくり作るようにしましょう。

 職務経歴書は、自らの職業人生の振り返りとなり、作成過程での思い入れなどから主観的表現になりやすく、内容によって文章量にも、ばらつきが出やすいことから、できれば一度は家族や友人などの第三者によって、記述内容を確認してもらうようにしましょう。

1. 職務経歴の客観的な情報を、書き出して整理する

まず、これまでの自分の職業上の経歴を、過去から順番に並べてみます。履歴書のように、入社や異動・退職年月を単純に並べるのではなく、所属部課名、携わったことのある具体的な業務内容、その部課又は業務におけるポジション、自らの担当役割、同僚や部下の数、達成状況や成果など、まず客観的な情報を紙に書き出してみます。
2. 自分の職務経歴の傾向を分析する

上記1.で作ったものを眺めながら、これまでの職務経歴において、例えば共通するような事項や目立つ傾向、自分が好んでやってきたことと、そうでもないことなど、書かれた経歴内容から読み取れるようなことを、思いつくまま紙に書いてみます。
さらに、その職務を経験する中で、考えたこと、思ったこと、身につけたもの、自分の取り組み姿勢等、これも思いつくままに紙に書いてみます。
3. 応募先企業等にあわせた編集

そうしてできたものを基に、順番にパソコンに入力していきます。その過程で応募先の企業や職種に合わせて、強調すべき部分や削る部分の表現、文章量などを修正していきます。太字やアンダーラインなどを用いて強調することも、あまりくどくならなければ構わないでしょう。
4. レイアウト編集

最後に、採用担当者が見たときに読みやすく好感が持てるよう、全体の文章量、表現などを、もう一度見直しながら、レイアウトを整えていきます。
このページのトップに戻る

ハローワーク高知(高知公共職業安定所) 〒781-8560 高知市大津乙2536-6

TEL : 088-878-5320

All rights reserved Copyright(c)2000-2006 Kochi Public Employment Security Office